藤前干潟クリーン大作戦とは

土岐川、庄内川、新川の河口にある藤前干潟は長年の市民活動によってゴミ埋め立てを免れ、平成14年11月に国設鳥獣保護区の指定とともにラムサール条約の登録地となりました。
 日本有数の渡り鳥の飛来地は、生命のつながりと私たちの暮らしのあり方を教えてくれる貴重な場所となりました。
 しかし、藤前干潟とその周辺の岸辺は、上流から運ばれたペットボトル、ビニール袋、発泡スチロールなどの石油原料の製品ゴミに覆われており、流域住民の良識が問われています。
 「ラムサール条約に恥じない藤前干潟に する」「子供達が安心して遊べる干潟や川を取り戻す」「流域全体のゴミや水のことを考えるネットワークを形成する」ことを目的に、「エコストック実行委員会」「土岐川・庄内川流域ネットワーク」「特定非営利活動法人藤前干潟を守る会」「リバーサイドヒーローズ・多治見さかなの会」の4市民団体が行政、企業などと協働して「流域市民・市民団体による」クリーン作戦を行うために、2004年10月5日「藤前干潟クリーン大作戦実行委員会」を結成しました。
 2006年春からは、新たに「モリゾー・キッコロと環境活動を推進する会(通称:モリコロ会)」、2009年秋からは「庄内川川ナビ歩こう会」、2011年春からは「産業廃棄物専門家グループ(通称IPG)」が実行委員会に加わり、活動を共にしていくこととなりました。

第1回目 藤前干潟クリーン大作戦の様子